屋根による耐震性の違いは?

ご質問

屋根による耐震性の違いは?

お答え

近年震災による建物の倒壊で屋根の見直しが注目されています。
昔ながらの和瓦がまだまだ多い日本ですが、地震大国と呼ばれる日本には和瓦はとても不向きです。
和瓦はそのものが重たいうえに固定させるため土使うことが多く屋根に大きな負担がかかっています。
地震では屋根が重たいと建物自体の揺れが大きくなり壁に負担がかかり倒れてしまうケースが多いです。
瓦に比べスレートや金属系の屋根は半分以下の重さですので屋根への負担がとても少なく済みます。
今では瓦でも軽量タイプのものが開発され注目を集めています。
震災に備え家自体を見直されるのも良いでしょう。